リフォームで家のメンテナンス|計画性のあるリフォーム

部屋

部分リフォームの仕方

現場作業員

リフォームは大きく分けて部分リフォームと住宅全てをリフォームする全体リフォームがあります。部分リフォームは床材やフローリングの張り替えや壁紙やクロスの張り替えがあります。部分リフォームは一度のやってしまいましょう。

詳しくはコチラ

快適な室内のための窓ガラス

現場作業員

窓ガラスからは沢山の熱が室内に入り込んでいます。そのため、夏は暑くなり、冬は寒くなるのです。これは紫外線の量が影響しています。紫外線をカット出来るUVコーティングすることで室内を快適に保つことができます。

詳しくはコチラ

計画を立てる重要性

インテリア

夢のマイホームを建てても、雨や風により次第に侵食されていきます。そのままの状態にしておくことでマイホームはドンドン劣化が進み最後には住めなくなることもあります。せっかく努力して手に入れたマイホームですので、定期的にメンテナンスや手入れをするリフォームが必要になります。新築の場合は建ててから10年から15年を目安に一度目のリフォームを行ないましょう。
リフォームには基礎以外を取り壊して間取りまで変更することが出来る大規模なリフォームから、室内の壁紙を張り替える比較的簡単リフォームまで様々です。マイホームの劣化がひどい箇所を中心にリフォームの計画を作成しましょう。
リフォームには計画が重要になります。リフォームの計画性がないとせっかくのリフォームが無駄になってしまうことがあります。計画性のないリフォームとは、20年以上持つフローリングのリフォームをした1年後に、間取りまで変更するような大規模なリフォームをすることです。この場合は、フローリングは実質1年しか効果が得られません。19年分の耐久性が無駄になってしまいます。しっかりリフォーム時期を考えてリフォームを行ないましょう。リフォームの計画を考える時は、最初に大規模なリフォーム計画から決めていきましょう。大規模なリフォーム前に内装のリフォームが必要になる場合はその効果が持続する期間や工事期間などを考慮して計画を立てましょう。そうすることで、マイホームは常にメンテナンスの行き届いた耐久性ある住みやすい家になるでしょう。

最初のリフォームは壁紙

住宅

静岡県でもリフォームは年々増えています。中でも人気なのが内装のりフォームです。手間もかかりませんし、コストも安くて、部屋の雰囲気を一変出来るのが人気の秘密です。最初のリフォームは壁紙やクロスの張り替えをしましょう。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 リフォームで家のメンテナンス|計画性のあるリフォームAll Rights Reserved.